ホーム > スタッフおすすめ!

スタッフおすすめ
バックナンバー

関連商品がますます充実!

 

簡単!クラフトレジンでオリジナルアクセサリーを手作りしよう!


花入門者におすすめ 簡単レジンキット

ダイソーのレジンは、UV(紫外線)を当てることにより固まる特殊な樹脂です。
ダイソーでは、「クラフトレジン アクセサリーパーツセット」と「UVクラフトレジン液約5g」を販売しています。
パーツセットはベースを始め、ベース紙、フィルム、チャーム、ストラップや革調ひもまで入っているので、この2つさえ揃えれば、すぐにクラフトレジンをはじめられます。
クラフトレジン液は、専用のUVライトを使用すると約5分、日光だと30~50分で固まります。セット内のもの以外にも、 ダイソーのチャームやレース、写真のように刺繍糸でフリンジを作成してつけると、もっとオリジナリティあふれた作品になります!

オリジナルアクセサリー作例
区切り線

花25ステップで簡単 アクセサリーの作り方

区切り線
 
準備するもの
●クラフトレジン アクセサリーパーツセット…1個
●UVクラフトレジン液約5g…1個 ●はさみ…1本
●ピンセット…1本 ●爪楊枝…1本

①ベース用紙・フィルムをお好みの大きさに切り取ります。
②ベースに接着剤を塗り、ベース紙を貼ります。ベースにクラフトレジン液を流し込み、爪楊枝などを使って平らにならします。
その後お好みのフィルムを入れ、更にクラフトレジン液を入れて平らにならします。 (気泡などが気になった場合は爪楊枝などで取り除くときれいになります。)
③ベースを乾燥させます。写真では専用のUVライトを使用していますが、日光でも固まります。固まるのに、ライト使用時は約5分、日光だと30~50分(環境等で変化します)の時間を要します。

④乾燥した事を確認してから、②と③を繰り返し、追加でフィルムを入れます。
⑤最後にぷっくりとなるようにクラフトレジン液を載せて固まれば、可愛く出来あがります。
この後、パーツセット内のストラップや革調ひもを付けると完成です。
【応用】レースと一緒にスリッパにつけると可愛いオリジナルスリッパもできますよ。

▲ページトップへ

 
区切り線

鍵アイデア次第でこんなオリジナルアイテムも

区切り線
 
スマホカバー作例

スマホカバー [作り方]
①無地のスマホカバーを用意します。
②クラフトレジン液をまず全体に塗り、その上に布やシルバーパーツ等を載せて固めます。
③その後、再度上からクラフトレジン液を流して平らにならして固めると、オリジナルのスマホカバーが出来上がります。
[ポイント] 中に入れるものを上や布を使用すると、カーブもうまく付けられます。
固める際は、布のカーブが戻らないように爪楊枝で軽く抑えると良いです。
写真では、市販のアイロンシートと蝶のシルバーパーツを使用しています。

 

ヘアゴム [作り方]
①ボタン用のレジン土台を用意して、作品を作ります。
②その後、ボタンの足の部分にヘアゴムを通して結ぶと、オリジナルのヘアゴムの出来上がりです。

ヘアゴム作例

アクセサリー作例

アクセサリー [作り方]
①平らに貼ったマスキングテープにデザインペーパーを乗せ、そこにクラフトレジン液を流し、表面を整えてから固めます。
②固まった後、マスキングテープから剥し、反対側も同様にクラフトレジンを乗せ固めれば、オリジナルのパーツが完成します。
柔らかい素材もプラ板のようになるので、ストラップを付けるのもよし、ピアスにするのもよし。ラインストーン等を付けても可愛く仕上がります。
中に入れるものによって、パーツとしての幅が広がります。

 
区切り線

商品情報

区切り線
※商品はすべて各100円(税抜)です
 
レジン液商品ラインナップの紹介
レジン液・ハードタイプレジン液・ラメ・ハードタイプレジン液・ソフトタイプ
レジン液のハードタイプとソフトタイプの違い
レジン液・ハードタイプレジン液・ラメ・ハードタイプ
デザインフィルム&ペーパー商品ラインナップの紹介
アンティークフラワーヨ−ロッパコラージュ
セッティングプレート&フレーム商品ラインナップの紹介
プレート型ラウンド型オーバル型キャップ型スクエア型サークル型
クラフトチャーム商品ラインナップの紹介
ラブレターアンティークアリス
転写シール商品ラインナップの紹介 アルファベットモチーフ
転写シールの使用方法と作品例

▲ページトップへ

ページトップへ