ce3af6c6e5c523d45054a89d7b36a33a.jpg
品質管理部
内部監査部
部長
1999年入社
社会情報学部 卒業

キャリア

1~3年目 運営指導部(旧)に配属 各地に搬入・販売応援(各地の様々な運営を勉強)
4年目 店舗運営本部 姫路エリアに配属 エリア店長に就任
5~8年目 初の搬入リーダーを経験
姫路エリアを管轄しながら、広島・岡山・姫路エリアの新店搬入にリーダーとして携わる
サブマネージャー・マネージャーとキャリアを積む
9~12年目
姫路・岡山・四国地区 地区長に就任
13~16年目 第一総務部(旧)ロス対策室マネージャーとして着任
17~18年目 第一総務部(旧)ディレクターとして、
店舗運営サポート、運営管理、運営調査、設備管理、リスク対策、法務対応等の業務を担当
19年目~現在 内部監査部 兼 コンプライアンス部 兼 品質管理部 部長として、
リスク対策、お客様対応、商品品質管理の業務を担当

現在の仕事内容

現在、社内全体のリスク対策を行う「内部監査部」、お客様からのお問い合わせやご意見に対して対応させていただき、その声を社内各部署に反映させていく「コンプライアンス部 お客様相談課」、そしてより安全な商品を提供していくための「品質管理部」のマネジメントを行っております。

喜びややりがいを感じるとき

とても難しいところですが、それを感じている暇が無いほど、目まぐるしく毎年毎年、変化があります。
目の前の課題をひとつひとつ、また新しい問題や課題がひとつひとつ、と同じことを繰り返している年は無いです。
ひとつの課題が終わったときが、見直しのスタートです。
「本当にこれであっているのか?他にやり方があるのではないか?無事に終わったが、これが最善だったのか?」と常に考え続けなければなりません。
やる気や思いがあればどんどん任せてもらえる会社です。それがやりがい、かもしれません。

思い入れのあるエピソード

この会社、すごいな、と思ったのは入社2年目のときです。
その当時運営のマニュアルがまだあまり完備されていなかったなか、いろいろ口伝で聞いた内容のうち、「不良品の処理の一部をこう変えたらよいのでは?」と出張から帰ってきたときに提案したときがありました。
するとすぐに、全店の指示書を作るように指示をもらい、試行錯誤でその内容を完成させました。
それが全国に初めて展開された時は「勤務年数関係なく、良いものは良い」と判断していただけるんだ、という驚きと喜びを感じました。
今でもその喜びと会社のスタンスは変わっておらず、チャンスは平等にある、と思っています。

店舗での経験が今の仕事に活きた瞬間と みなさんに店舗で身につけてほしい力

「買っていただける」ということを実感できることです。商品を買っていただくためには、いろいろなアプローチが必要でした。
「商品」「陳列」「美化」「接客」など、元気よく商品紹介をしていたら、「お兄ちゃんおもろいな」と、それだけでもう一点、ご購入していただけることもありますし、 売場を試行錯誤して変えた結果で、今まで売上が伸び悩んでいた商品をご購入していただけるようになったということもあります。
世の中にいろいろな教科書はありますが、商売の答えは、目の前のお客様が教えてくれます。
買っていただけなければ、それはすぐに見直すべきです。しかし、買っていただけた場合も、その一瞬は正解なのかもしれませんが、すぐにその正解が古い答えになっていることもあります。
そこを考えながら、それをやってくれるスタッフとコミュニケーションをとり、いろいろ学ぶことがとても大切です。

今後の夢や目標

日本国内での「ダイソー」から今や海外含め26カ国の「DAISO」へ。
国内のお客様だけでなく海外のお客様に対しても、驚きと安心を届け続けられるように、また店舗のスタッフさんが「売る」ことに集中できるよう、バックオフィス業務の更なる強化を行っていきたいと考えています。
また、リスクが発生しないための仕組みづくりも推進しています。
会長から『「今やっていることは過去の成功であり、本当にこれでいいのか?これでいいのか?」と常に「自己否定」を行うことが大切だ』と常日頃言われます。
「安心」というのはお客様に感じていただくことが大切で、私たちが「安心」と思った時点で成長は止まりますから、常に危機感を持ち、仕事に取り組むことが大切だと考えております。

DAISOで働き続けられる理由

一番は、会長の人間性に尽きる、と思っています。
お客様に支持していただきながら、昨年より今年、今年より来年と毎年変わっていかなければいけないことは並大抵の変化ではありません。
体も頭もフル活動していても失敗だらけです。
怒られてばかりでしたが、それは謙虚さがなかった行動、思いやりの無さや、気遣いの無さ、礼儀の無さ、また一生懸命考えていないとき、手を抜いた行動など、自らの甘さに対して、人間のソフトな部分ばかりです。
思いを持ってチャレンジして失敗したことには、落ち込んだ表情をしていたら遠くから、なんとも言えない笑顔でにこっとしてくださり、またどん底から何度も救っていただいた気がします。
働いている人間の顔を見てくれている、その距離がとても近いことが、一番の要因だと思います。

DAISOの社風・風土

感謝・謙虚・一所懸命そこが当社の原点。
「出来ない」というのは簡単のなのですが、「どうしたら出来るのか?」と考え続けることは、簡単なことではありません。
「しんどいことはみんなで寄ってたかって早く終わらせようや」「世の中うまくいくことなんてひとつもない」「変えていいものといけんもんがある」など、会長の何気ない一言が日々の仕事を見直すきっかけになります。
「人間力」それが社風です。

オフの過ごし方

ここ数年は、海釣りにはまっています。知り合いの船でオフショアを楽しんだり、ショアからは季節ごとに色んな魚を狙っています…がまだまだ下手くそなので、思うようには釣れません。
昨年は、オフショアで青物・ヒラメを経験させてもらいました。
今年はより、釣道に邁進いたします。(数打てばいつかあたる!)釣りのない日は、家族でまったりとしています。

一緒に働く仲間たち