cd47dc41a43ef15bbf904942ab922309.png
店舗運営本部
中部・北陸地区
部長
2000年入社
Ⅱ部文学部 卒業

キャリア

1年目 店舗運営本部 東北・近畿地区での店舗研修
3年目
東京地区赴任 店長
6年目 東京地区サブマネジャー 20店舗管轄
8年目
東京地区マネージャー 40店舗管轄
11年目 神奈川・山梨地区地区長 180店舗管轄
16年目 埼玉・北関東地区地区長兼商品本部ジャンルマネージャー 200店舗管轄
17年目~現在 中部・北陸地区部長兼改善部部長 360店舗管轄

現在の仕事内容

店舗運営本部では中部・北陸地区の責任者として360店舗を任せて頂いております。
最大のミッションは「イイお店」をたくさん作ること。「イイお店」=一言で言うとお客様に楽しんでもらえる店。
そのためには第一線でお客様と接している店長やスタッフさんの生の声をより多く吸い上げて、より良い店にするためにあらゆる施策を実行していくことが一番重要な仕事です。

喜びややりがいを感じるとき

中部・北陸地区は広いのでなかなか全店に頻繁に足を運べないのですが、「こんな売場作ってみました」とか「改善しました」と報告をしてくれるスタッフ・店長が沢山います。
私1人で管轄店舗360店舗を「イイお店」にすることはできません。
店長・スタッフが「イイ店」にしたいという思いで様々な問題を「改善」に取り組むことに感謝しておりますし、やりがいを感じます。

思い入れのあるエピソード

神奈川地区を担当したときが1つの転機でした。その前に担当していた東京地区では管轄は40店舗でしたが神奈川地区は180店舗。
4倍以上の店舗数です。最初は東京と同じように状況把握しようとしてがむしゃらに店を回っていましたが、回る間に店舗状況も変わってしまいます。
神奈川・山梨地区を担当して1年経過、売上が全く上がっていないことに愕然としました。
そこで店長たちの意見を聞き1年の反省をもとにやり方を大きく変え「組織づくりの強化」と「店長の育成」の2点を2年目以降重点的に行ってきました。
組織作りでは180店舗を8ブロックに分けて其々責任者を設け月1回の定例ミーティングを開催し各ブロックの状況と地区の方針や取組事項に対して議論の上取り組みました。
また店長の育成においては、勉強会を定期的に開催して基本的な考え方を一緒に勉強しました。これが徐々に浸透し売上も店の状況も徐々に改善できました。
今の自分があるのも神奈川地区の店長のおかげです。

今後の夢や目標

私は現在店舗の課題を改善するチームに所属しており、「スタッフがより多くの時間売場に出て、お客様と向き合える時間をいかに作るか?」という課題に取り組んでいます。
単純に現場の店長・スタッフに話を聞くだけでなく、出来るだけ多く現場(店舗)に足を運び、スタッフと一緒に仕事をしながら、現場が困っていることやムダを探し、関係各部署と連携しながら改善に取り組むことが必要です。
DAISOは、日本だけでも3,278店舗あります。
1店舗で起こっている問題は、他の多くの店舗でも起こっている可能性があり、多くのスタッフが困っていることですので、1つ1つの問題を丁寧に改善することが多店舗展開する我々にはとても重要なことなのです。

DAISOで働き続けられる理由

社員・スタッフ関係なく常にいまできる限りの最高を求めて仕事に取り組んでいるので自分もその一員として自分を高められる環境にあるということです。
上下関係なく尊敬できる方が沢山居て学ぶべきことが本当に多いです。

DAISOの社風・風土

2つあって「風通しがよく仲間を大事にする」 これは入社当時から今現在も変わっていないです。
上司も気さくに話しかけてくれる時もあれば真剣に相談にのってくれますし時には鼓舞してくれます。
もう1つは「真面目・真剣」より最高の商品や売場作りをするために部署関係なく全員が取り組んでいます。
私がここまでDAISOで勤務できた1番の理由です。

オフの過ごし方

今は名古屋に単身赴任なのでモーニングをゆっくり楽しんだ後、昼から掃除・洗濯しています。
たまにフットサルや本当に下手くそですがゴルフにいくこともあります。
ゆっくり休むことで仕事も充実すると思うのでON・OFFははっきりさせています。

一緒に働く仲間たち