仕事のポリシー

楽しい仕事はない!
仕事を楽しむことはできる。

リクルート室 | マネージャー 大佐古 健吾おおさこ けんご
2001年入社

仕事内容は?

私は年間数千人の学生と出会い面接をしますが、採用は1人1人の今後の人生と向き合うスタートを切る場であり、

学生が初めて社会人として働く会社を決める大きな決断を要する場所です。 その責任を職務としています。

採用計画からはじまり、入社まで責任を持って真摯に向き合い、その後はOJT教育がメインとなるので、

育成計画設計を立て、各責任者とコンタクトを取りながら教育体制構築し現場をサポートを進めるのが主な仕事です。

一個人の成長がチームの成長であり組織の成長に繋がります。ここに教育担当者の思いやスキルが大きく影響します。 双方がこの積み重ねをやり続けることで競争力のある強い企業が生まれると信じています。

入社を決意した理由は?

幼少から転勤族で育った影響もあり、自分とお客様が直接向かい合って関わる仕事に関心がありました。

学生だった当時、正直どの会社が良いのか全く見当もつきませんでしたが、BtoCビジネスで直接モノを届けていく

営業と販売に興味があり、自動車営業、住宅営業、家具販売、スポーツ用品販売など7社選考を受けました。

細かく理由を書くと①BtoCビジネスを持つ企業 ②若手が挑戦できる環境 ③チームで働くイメージがある 

上記項目が揃ってると思える会社を自分なりに探し受験しました。

DAISOに決めたのは1番に内定を頂いた会社であったことと、この3つが揃っていた事です。

これを直感で決めました。

就活生へメッセージ!

必ず学生に伝える言葉ですが、『自分の人生を決める会社は自分の意志で決めて下さい。』

正直どの会社に入社しても少なからず良いも悪いもギャップは存在します。

面白い仕事がないのではなく、面白い仕事に出来る人材と出来ない人材がいるだけです。

要は仕事の捉え方です。

プラス思考と良く耳にしますが実社会で何時も実践している人材は少ないと思います。

だからこそ『苦しくても必死になれる企業』を自分の目で確かめ、自分の意志で決めて下さい。

夢実現に向けて最後に突き動かすものはあなたの折れない意志だと思います。

そんな学生をDAISOは求めています !

一緒に働く仲間たち