失敗を恐れず
人と向き合い続ける

5年間の店舗運営経験で得た学び

現在担当しているのは「若手社員の教育」というミッションです。一人ひとりの成長の過程に関わりながら、自分自身の引き出しも増えて成長させてもらうことができる、とてもやりがいのある仕事。若手社員から「自分もしっかり後輩を育てたいです!」と言ってもらえることもあり、大きな喜びを感じています。この仕事の基盤になっているのは、5年間の店舗運営経験。たくさんの方々と一緒に仕事をする中で、「どうやって人に向き合えばいいのか」「どうやって人に伝えたらいいのか」を教えていただきました。日頃、若手社員に伝えているのは、「失敗=経験の数」だということ。失敗を恐れずやり続けるからこそ、失敗しなくなる。これも私自身が現場で得た大切な学びです。誰だって最初から、人と完璧にうまく向き合うことはできません。「なぜできなかったのだろう?」と自問自答を繰り返し、日々改善をしていくことが大切なのだと思います。

後輩のみんなの可能性を信じて

私が教育にあたる中でモットーにしているのは「人と向き合い続ける」ということ。どんな人にも、長所や得意なことがあるはずです。そんな一人ひとりの強みをさらに伸ばし、課題があれば一緒に見つけ、解決していきたいと考えています。若手のうちはできないことにぶつかって悩むかもしれません。でも、「今できないということ」は決してマイナスなではありません。できないことが明確なのは乗り換えるべき壁がはっきり見えているということでもあり、成長していく過程でとても大切なこと。


どんな仕事にも、その先には必ず人がいて、人との関わりがあるからこそ仕事が成り立ちます。それを忘れることなく、人に寄り添うことができ、人と向き合うことをあきらめない社員を育成していきたいですね。必ず人は育ちます。私は後輩のみんなの可能性を信じています。常に本音・本気で向き合いながら、ともに成長していきたいと考えています。