あなたの知らないDAISOの真実

お客さまの要望は千差万別
同じ店舗は創らない
常に新しさを追求し
飽きられない店舗創りを実現させる。
DAISOが年間に出店する数は130店舗~150店舗にものぼります。
そのすべての店舗が1つとして「同じコンセプト」「同じ看板」「同じレイアウト」「同じ品揃え」ではありません。チェーン展開としては、同じ看板やレイアウトで出店した方が効率もコストも良いです。しかし敢えてコストも効率も悪い出店をし続けるのは、『すべてはお客さまに飽きられない店舗を創るため』の戦略です。
社長は、『昔は十人十色だったが、今は一人十色、一人百色と言われる多様な価値観の時代となった。だから「商い=飽きない」でなくてはいけない』といいます。
常に新しさを追求していかなくては、お客さまはすぐに飽きてしまい他の店に足を運ぶようになってしまいます。DAISOはお客さまにお買い物を楽しんで頂くために常に新たな店を創り続けます。