スタッフからの正社員採用 RECRUITMENT
FROM STAFF

スタッフから正社員へ。
2019年4月入社エントリー受付中

ダイソーでは、より多くのスタッフの皆さんに
正社員として一緒に働いていただきたいという思いから、
選考が一部免除となるスタッフ限定の採用プロセスや
スタッフだけが参加できるイベントを用意しています。

対象となる方

2019年4月に入社可能な方
2013年4月~2019年3月に卒業および卒業見込みの方
(大学院・大学・短大・専門学校・高専・高校)

エントリーする

スタッフから正社員として働く社員紹介 INTERVIEW

  • 店舗運営
    店舗運営
    2017年入社

    Y.K. PROFILE

    大学1年生から4年間、ダイソーでのアルバイトを経験。就職活動でも大創産業を志望し入社する。店舗運営本部へ配属となり、埼玉地区での勤務を経て現在は神奈川地区の2店舗を担当。

    季節ごとに違う顔を見せる店

    学生時代にダイソーのアルバイトを通じて、商品を魅せる楽しさやお客さまに手に取っていただける喜びを知りました。その経験から就職活動では小売業に絞っていったのですが、説明会などに参加し、「専門領域を持つ小売業はお客さまを選ぶんだな」と知ったんです。ダイソーは取り扱うアイテム数が非常に多く、さまざまなお客さまにお買い物を楽しんでいただくことができます。また、売場も季節ごとにかなり違う顔を見せるので、専門的で似た商品を常に扱うよりは、ダイソーのほうが面白いのでは? そう感じて、新卒でも大創産業を選びました。入社後の店舗運営の現場では、夏にはゼリー、冬にはチョコレートなど、季節ごとの売れ筋を積極的に発信して売場作りをしています。スタッフとはSNSで流行っていることについて会話し、新たな商品展開のヒントをもらうことも。膨大なアイテムをそろえるダイソーならではのやりがいだと感じています。

  • 店舗運営
    店舗運営
    エリアマネージャー
    2002年入社

    Y.H. PROFILE

    2002年にアルバイトスタッフとして、地元・静岡の店舗に入社。2014年に正社員となり、店舗運営部へ配属となる。中部北陸地区のチーフを経て、2017年より現職。

    アルバイト時代から蓄積したもの

    ダイソーでは、アルバイトスタッフにも店長やエリア店長などの役職があるんです。私もアルバイト時代に浜松市のエリアを任せてもらい、試行錯誤しながら仕事をしていました。スタッフにここまでの役割と裁量を与えることは、他社ではなかなかないことだと思います。そういった意味では会社にとても感謝しています。そんな私ですが、正社員の重責を担うのは「自分には無理だ」とずっと決めつけていました。社員の先輩たちを見ていると、仕事に対する考え方や行動力、実行力がすさまじくて、違う世界の人のように感じていたんです。考えが変わっていったのは、店舗の先輩や上司が「君ならできる!」と強く背中を押してくれたから。「やってみよう」という気持ちが芽生えていきました。アルバイトを長く経験したことは、多数の店舗を管轄する現在のミッションにも大いに役立っています。スタッフが困っていることにはいち早く気づけるし、品出しのスピードは今でも負けません!

  • 商品仕入
    商品仕入
    バイヤー
    2012年入社

    A.M. PROFILE

    国内店舗運営を経て、2012年に人事・総務部へ。広報や秘書業務などを担当した後、2015年に商品仕入本部へ配属となり、オーラルケア用品等のバイヤーを務める。

    女子中高生へトレンド雑貨を提案

    担当するのがバイヤーの仕事です。私が特に思い入れを持って取り組んでいるのは「ガールズトレンド研究所」シリーズ。女子中高生をターゲットに、さまざまなトレンド雑貨を企画しています。2018年には韓国で大流行していた「ハンディ扇風機」をオリジナル商品として展開して、大ヒットしました。こんな風に成功するアイテムがある一方で、企画や市場調査の段階で不採用になってしまうアイデアも少なくありません。1つの企画に対しては毎回50〜60のアイデアを出し、同部署のメンバーやメーカーと議論して絞り込みます。商品化が決まってからも、デザイン修正などのやり取りを何度も重ねて完成に近づけていきます。担当するアイテム数は多く、同時に数十種類のアイテムを開発することもあるため、スピード感が求められる仕事でもあります。