CSR

50周年企画:特別支援学校への出張講座を実施しました

株式会社大創産業(広島県東広島市 代表取締役社長:矢野靖二、以下「大創産業」)は、

創業50周年企画における地域貢献活動の一環として、本社のある広島県の特別支援学校にて出張講座を実施しました。

本授業は、広島経済研究所からのお声がけで実現したもので、高校生等の地元への愛着を育むとともに、

将来の県内就職への興味関心を高めていただくことを目的に開催されたものです。

今回、企業研究先として、長年障がい者雇用に積極的に取り組んでいる大創産業およびダイソーウィングが指名をいただき

採用課社員が講師となり障がい者雇用への取り組み、求める人物像、目指す姿などをお伝えしました。

【開催概要】

日時:2022年7月4日(月)

講師:株式会社大創産業 人事・総務・法務本部 人事部採用課 久保浩二

内容:障がい者雇用への取り組み、目指す姿、仕事内容など

場所:広島県立呉南特別支援学校

参加::高等部第1・2・3学年 類型Ⅰ生徒 28名

〇50周年特設サイトはこちら

〇株式会社ダイソーウイングとは

株式会社大創産業の特定子会社で、現在122名の障がい者スタッフが在籍しています。

全国5か所のセンターで、事務、クリンネス、ピッキングやラベル貼りなど幅広い業務を担当しています。

社名は「働くことを通して、成長し社会に羽ばたいてほしい」という思いに由来しています。

障がい者雇用について

株式会社大創産業と特例子会社の株式会社ダイソーウイング合わせて544名の障がい者スタッフが在籍しています。(2022年6月現在)

大創産業では障がい者雇用を通して、障がい者スタッフの自立と成長を支援していますが、この支援は最終的に広く社会に貢献する活動と認識しています。

第一に目指すのは障がい者スタッフの自立のサポートですが、もちろん会社の重要な戦力として成長してくれることも期待しています。

また今年度も全国の特別支援学校や就労移行支援事業所などより職場実習の受け入れも行っております。